ご利用事例

政務調査費による政策世論調査

 勝ち電は、選挙のための世論調査だけではなく、政策的な世論調査を行うことも可能です。この場合は政務調査費の対象となります。地域の方が何を考え重視しているか、それを政策に生かす利用をお薦めします。総務省確認済み

 ⇒使用例(学校移転、ゴミ処理、墓地問題、原発問題などの意識調査)

選挙期間における電話掛け代行

 選挙期間中の電話掛けは、ボランティアが原則です。ご存じのとおり、電話掛けは、心が折れやすい大変な作業です。また一人が一日に何本もかけられる作業ではありません。勝ち電をご利用頂ければ、機械的に地域全体に隈なく電話をかけ、投票依頼をすることが可能です。日本全国対応。総務省確認済み。

 ⇒使用例(党首などの人気弁士による有権者に対する投票依頼などを電話で再生し、投票依頼)

定点調査における政治活動量の確認

 今までは、料金が高かったため、定期的、定量的に調査することは難しかったのですが、安価な勝ち電を使えば、定点調査を行い、活動量を”見える化”することが可能です。また定期利用には、更にお値段を下げてご提供しています。また選挙区によっては地域を市区町村で分割し、それぞれの調査をお薦めします。

 ⇒使用例(1.市区町村ごとに秘書を配置。それぞれの運動量を定点調査によって人事評価に生かす2.県会議員の支持度を調査、支援を傾斜配分する)

後援会、支援団体を対象としたイベントなどの出欠の確認、アンケート調査

 電話リストを頂ければ、自動電話にてイベントの出欠の確認などを行えます。また支援する団体に対するアンケートなども支援者の政策を政治に反映させるためには有効です。また期間中に本人からの吹き込みコールでの投票依頼も可能です。

 ⇒使用例(1.選挙期間中、地域内で電話帳における全ての電話(60,784件)に対して打電を実施。新人ながら知名度の向上に貢献。2.参議院比例区選挙で、支持団体の構成員全員に打電。名簿集めの実情調査、知名度、政党支持度合いを確認。また定期的な本人コールにより、団体構成員を鼓舞する。3.日曜討論などのテレビ出演案内は、葉書では間に合わないため、前日後援会に一斉コールで案内を行った)